現場だより

着工から完成まで

2018.08.30
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉝完成~

寝室、子供部屋にも、もみの木をたっぷり貼っています。

壁、天井を貼り分けたり、高さを変えたりして、変化を出しています。

ウォークインクローゼットも、もみの木の調湿、消臭機能で、衣類にも優しい効果があります。

2018.08.29
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉜完成~

浴室につながる通路部分にクローゼットを設けています。

ここに着替えを置いておくと、すぐに着替えられて、楽です。

リビングとは飾り棚で視線は遮っていますが、空間はつながっているので、

暑い、寒いもなく着替えられます。

脱衣室で、洗濯、物干までできますので、家事動線が短くてすみます。

システムバスも、暖房換気乾燥機付きです。

2018.08.28
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉛完成~

オープンなLDKはキッチンから見渡せます。

洗面もLDKにオープンなので、すっきりとした造り付けにしました。

トイレにも、もみをたっぷり貼って、消臭、殺菌効果を発揮します。

2018.08.27
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉚完成~

玄関、壁の一部にポイントで、もみの木をランダムに貼っています。

たっぷり収納できる納戸は、通り抜けると2階への階段へ続きます。

階段も、浮造りのもみの木で、スリップもせず安心です。

対面キッチンの開放的なLDKです。

2018.08.26
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉙完成~

完成しました

外観は、外壁を立ち上げたスクエアタイプです。

大きな窓からウッドデッキにつながります。

カーポートも設置しています。

今回、庭、植木の工事は、あまりの暑さに、植物が耐えきれなさそうなので、

時期をずらして工事することにしました。

2018.08.01
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉘フェンス工事~

木製フェンスを作っています

アルミの支柱に、防腐処理された杉板を貼っていきます

さらに、長持ちするように、防腐塗料「キシラデコール」を塗っています

ナチュラルなイメージになります

2018.07.31
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉗左官工事~

玄関ポーチを作っています

ポーチから家の中まで、入りやすいように、

一段一段をあまり高くしないようにしています

タイルも滑りにくいものを使っています

2018.07.30
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉖内装工事~

内装工事です

壁下地の石膏ボードのつなぎ目を、パテで多比良に埋めていきます

ここがきれいにできないと、仕上りが凸凹になります

仕上げ材は、再生紙からできた「オガファーザー」です

ビニールクロスに比べ、より化学物質を含まない、自然素材ということで、

オガファーザーを選んでいます

完成が近づいてきました

2018.07.28
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉕もみ棚造作工事~

リビングと水廻りの間の壁を造作しました。

壁で仕切らず、上下は空けて、空調などが回るようにして、

目線は遮っています。

そこを表側と裏側から使える棚にしています。

 

2018.07.27
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉔もみ貼り工事~

内装にもみの木を貼っていっています。

玄関やトイレでは、湿気やにおいを取ってくれる効果があります。

端材等も利用して、ランダムに貼って、アクセントにしました。

2018.07.26
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉓左官工事~

建物外部では、左官工事が進んでいます。

基礎の「巾木(はばき)」という部分を仕上げています。

最近は、「櫛引(くしびき)」という、

モルタルの表面に、縦ラインの模様を入れています。

2018.07.22
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉒内装工事~

もみの木の内装材を貼っています

いい香りがして、空気環境が変わってきました

ポイントで貼り分けて、アクセントをつけています

部屋の雰囲気がだいぶわかるようになってきました

2018.07.13
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~㉑内装下地工事~

梅雨が明けて、暑くなってきました

雨もいやですが、暑さもたいへんです

熱中症などにも気を付けて現場を進めていかなくてはいけません

皆さんも体調管理に気をつけてください

暑さ対策の一つとして、サッシの「LowEガラス」があります(ロウ、イー、ガラス)

夏の日差しを、60%カットして、熱を室内に入れにくくします

紫外線も、80%カットするので、日焼けなども軽減されます

2018.07.09
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑳内装下地工事~

石膏ボード貼りが続いています。

ニッチの下地などもできています。

現場写真的には、あまり変化のない時期ですが、

石膏ボードを留めるビスの間隔など、チェックしていきます。

2018.07.07
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑲外装工事~

足場が外れました!

外観が見えてきました。

3棟並んだ感じがいいですね。

外構までできあがるのが楽しみです。

2018.07.04
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑱省令準耐火工事2~

省令準耐火のため、石膏ボードを、梁、桁まで貼り上げていきます。

上部に見えている木材は、天井を吊るための「吊木(つりぎ)」といいます。

エアコンが付く予定のところには、配管用のパイプと、補強下地を施工しています。

2018.06.26
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑰省令準耐火工事~

内部の壁を貼っています。

仕上げの下地になる石膏ボードを貼っています。

省令準耐火構造では、もし火災が発生した場合に、隣の部屋に火が行かないように、

石膏ボードを、梁、桁まで貼り上げています。

普通なら、天井より上まで貼っておけばいいのですが、見えない細かい部分で家の性能が変わってきます。

留めるビスの間隔も決まっています。

ただ貼ればいいというものではないんですね。

2018.06.24
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑯床工事~

もみの床貼りが進んでいます。

どうしても端材が出るのですが、もみの木のいい効果をもっています。

集めておいて、壁の一部に貼ったりして利用します。

2018.06.20
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑮床工事~

もみの木の床が貼られています。

「浮造り(うづくり)」加工された、床材です。

素足で気持ちいい生活が送れます。

もみの木の材料を現場に入れると、現場の空気感が変わった感じがします。

階段も、もみの木の浮造りで、すべりにくくて安心ですよ。

 

2018.06.17
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑭床工事~

もみの木の床を貼っていきます。

もみの木は、現場に届いたら、段ボールから出して、その地域の気候にならしておきます。

自然乾燥させた、無垢の材料には必要な工程です。

1階の床は、下地合板24mm+もみの床材12mmで、計36mm

2階の床は、下地合板24mm+ハイクリンボード12.5mm+もみの床材12mmで、計48.5mm

の厚みになり、しっかりした床になります。

ハイクリンボードは、床の衝撃音の軽減と、ホルムアルデヒドを吸着する役割があります。

2018.06.16
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑬床下地工事~

床を支える構造用合板です。

24mmの厚さがあり、土台にしっかり固定されているので、

床が1枚の板のようになり、地震などの際、変形しにくくなります。

合板を留める釘のピッチ(間隔)も決まりがあります。

柱の足元の黒いテープは、床下から空気が抜けてこないようにする「気密テープ」です。

この上に、床の仕上げ材「もみ」を貼っていきます。

2018.06.15
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑫外装工事~

外装工事です。

シルバーに見えるのが、透湿防水シートの「タイベックッシルバー」です。

壁の中の湿気は逃がし、外部からの雨水は入れないようにします。

その上に防腐処理された胴縁で下地を作り、金物で外壁を固定します。

外壁とシートの間に空気層ができる「通気工法」で湿気を溜めません。

換気扇廻りの防水もしっかり行います。

2018.06.14
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑪吹付け断熱~

構造のチェックが終われば、断熱工事です。

屋根の下で、17cm

壁に、8cmの厚みで吹付けます。

トラックに液状の原材料を積んできて、吹付けます。

液状から膨らんでいくので、細かいすき間までしっかり入り込んでいきます。

柱や梁にしっかり接着するので、気密性が高く、後で外れたりする心配もありません。

これで、夏涼しく、冬暖かい家になります。

2018.06.12
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑩現場検査~

現場では、各工程ごとに施工状況をチェックしています。

それに加え、住宅瑕疵保険に加入するための、検査機関の検査も受けています。

構造、金物、防水など、図面通りにできているか、不具合はないかを確認しています。

また、イノスグループ独自の検査もあり、住友林業イノスグループの検査員がチェックします。

写真は、柱に傾きがないかチェックしている様子です。

このチェックでは、構造的なことだけではなく、

現場が安全に保たれてるか。現場がきれいに保たれているか。現場近隣に配慮ができているか。

などいい現場づくりも学んでいます。

2018.06.11
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑨構造金物~

構造材の接合部には、いろいろな構造金物が使われています。

柱と梁などを固定する「スリムヘビー」「かすがい」

梁と梁が抜けないように引っ張る「羽子板ボルト」

梁と梁をつなぐ「ホーマープレート(短冊金物)」

梁を支える「梁受金物」

など、構造計算によって、金物の配置も決まります。

これも、図面どおりできているかチェックをしていきます。

2018.06.08
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑧構造金物~

地震や台風による力に耐えるための「耐力壁」

「筋かい」が構造計算により、バランスよく配置されています。

筋かいの上下は、「筋かいボックス」でしっかりと固定します。

それに加えて、「制震ダンパー」で繰り返しの地震の揺れに耐えることができます。

内部の「特殊粘弾性ゴム」が伸び縮みして、地震エネルギーを熱エネルギーに変換して、揺れを吸収します。

2018.06.07
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑦上棟~

上棟式です。

木材を、クレーンで吊り上げて組み立てていきます。

木材は「プレカット」といって、工場で長さや継手の加工を行って、現場に運ばれます。

現場での廃材の量を減らすことができます。

記念に「金の釘」を打ち込んでもらいました。

思い出になるといいですね。

2018.06.03
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑥土台工事~

基礎と土台をつなぐ「アンカーボルト」です。

基礎と建物を、しっかりと固定します。

「剛床(ごうゆか)」といって、土台の上に、床の下地となる24mmの構造用合板を貼るので

ボルトが飛び出さない高さに設定します。

また、柱が引き抜かれるのを防ぐため、構造計算によって「ホールダウン金物」が設置されます。

どちらも、基礎のコンクリートを打つ前に、計画的に設置することが大事です。

2018.06.01
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~⑤土台工事~

基礎が完成したら、土台を敷きます。

基礎と土台の間には、基礎パッキンを敷いています。

鉄筋コンクリートの基礎と、木材の土台が直接ふれないようにして、木材を湿気から守ります。

また、この隙間から床下に風を通して、湿気がたまらないようにします。

この基礎パッキンを使うことで、地盤面から1mに対して、白蟻の被害が10年間保証されます。

風が入ってはいけない、ユニットバス廻りや、玄関廻りは、気密のできるパッキンを使います。

2018.05.31
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~④基礎工事~

鉄筋コンクリートの基礎です

土間コンクリート(床になる部分)は18cm

立上りコンクリート(土台をさせる部分)は16cm

の厚さになります。

これは建築基準法の最低基準、12cmよりだいぶ厚くなっています。

もちろん強くなりますし、鉄筋を包むコンクリートが厚くなれば、

将来的に鉄筋がさびる可能性が減ってきます。

一度、現場で確認してみてください。

2018.05.16
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~③鉄筋工事~

鉄筋工事を行いました。

鉄筋を組立て、その後検査を行います。

検査完了後、コンクリートを流し込む作業を行います。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ichibakoumuten/www/wp_ichiba/wp-content/themes/twentyseventeen_c/single-works.php on line 229
2018.04.24
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~②地鎮祭~

地鎮祭を行いました。

工事が安全に、無事完了するようお祈りいたしました。

天気も良く、ご家族の皆様の笑顔がキラキラ輝いていました!

2018.04.23
現場だより

西海市西彼町N様邸新築工事~①地盤調査~

地盤調査を行いました。

新築工事を行う前に、地盤に問題がないか調査を行います。