柱と、床下地の構造用合板のわずかなすき間は気密テープでふさいでいきます。

構造計算された、地震つ強いイノスの家では、合板を留めるビスの間隔も決まっていて、現場でチェックをしています。

間柱と筋違いを留める釘の大きさ、本数。

柱と梁を固定する金物の種類。

大工さんまかせにせず、マニュアルをもとにチェックを行うことで、建物の品質が保たれます。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ichibakoumuten/www/wp_ichiba/wp-content/themes/twentyseventeen_c/single-genba.php on line 161
13586