木材の接合部は、さまざまな金物で補強されます。

構造計算によって、それぞれの箇所に加わる力を確認して、それに耐えられる金物を設置します。

それに加え、地震の力を吸収する制震ダンパーを設置しています。

だいたい1軒の家で、4本設置されます。

もちろん図面でチェックしますが、瑕疵保険をかけている「住宅あんしん保証」という保証会社からのチェック

住友林業からのチェックと、3重のチェックを受けているので、より安心です。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ichibakoumuten/www/wp_ichiba/wp-content/themes/twentyseventeen_c/single-genba.php on line 161
12553