床は、住まいの中で足がじかに触れる大切な場所です。

床に使ってある材料によっては、住む人にストレスを与えます。

大切なのは、床に触れる足に心地よさを伝えること。

もみの木の床材”フォレストキング®”は、心地よさを感じていただくために、浮造り(うづくり)加工を施しています。

浮造りとは、板表面の柔らかい部分を削り取り、固い目を浮き立たせる加工です。

これにより、足の裏の接地面が減ることで、ベタベタせず、一年中裸足で過ごせます。

固い面が残っているので家具を引きずった時など、傷も付きにくくなります。

一度体感して、比べてみてください。