2014年1月19日

基礎パッキング工法

鉄筋コンクリートの基礎と、土台の間に基礎パッキンを敷きます

コンクリートと木材が触れないようにし、湿気を防ぎます

またこの隙間から、床下に風を入れて換気します

昔、基礎に換気口があったころに比べ換気量が1.4倍になり床下が乾燥するので

10年間の白蟻保証が付きます

 

風を入れないところは、隙間のない気密パッキンを使用します