鉄筋工事が終わると、土間のコンクリートを打っていきます。

基準でコンクリートの厚さは、150mm以上が必要ですが、イノスグループでは180mmを基本としています。

もちろん構造計算によって、変わってきます。

気温によって、コンクリートの配合や、固まるまでの時間を変えなければいけません。

その後、立上り部分の型枠の施工と、基礎と土台をつなぐ、ホールダウン金物を設置していきます。

このホールダウン金物をコンクリートを、打ちながら差し込んでいくと、しっかり固定が出来ない場合がありますので、事前の固定が必要です。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ichibakoumuten/www/wp_ichiba/wp-content/themes/twentyseventeen_c/single-genba.php on line 161
9627