断熱材は、吹付けウレタンフォーム「フォームライトSL」です。

現場で材料を吹付け、発泡させて断熱層をつくります。

液状から膨らんでいくので、こまかいところまで行きわたりますので、エアコンや換気扇のダクトを貫通させるためのパイプの周りなども、すき間なく施工できます。

そのため、気密性がかなり上がります。

グラスウールなどでは、なかなか施工が難しく、大工さんの腕次第ということになります。

壁で8cm、屋根下で17cmの計算ですが、実際はもっと厚く施工されています。

ぜひ、現場見学会などでご確認ください。

 


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ichibakoumuten/www/wp_ichiba/wp-content/themes/twentyseventeen_c/single-genba.php on line 161
9627