お知らせ

木造ですが、火に強い「省令準耐火構造」になっています。

もし、お隣で火事が発生しても、火をもらいにくい、

もし、家事が発生しても、燃え広がりにくい、構造になっています。

出来上がってからはわかりませんが、

1階の天井の下地は、通常の木造では、9.5mmの石膏ボードが一般的でしたが、

「省令準耐火構造」では、12.5mmの強化石膏ボードを貼っています。

ボードの継ぎ目の裏に下地を入れる、留めるビスの間隔をせまくするなど、こまかい決まりがあります。

もみの木の床を貼っていきます。

もみの木は、現場に届いたら、段ボールから出して、その地域の気候にならしておきます。

自然乾燥させた、無垢の材料には必要な工程です。

1階の床は、下地合板24mm+もみの床材12mmで、計36mm

2階の床は、下地合板24mm+ハイクリンボード12.5mm+もみの床材12mmで、計48.5mm

の厚みになり、しっかりした床になります。

ハイクリンボードは、床の衝撃音の軽減と、ホルムアルデヒドを吸着する役割があります。

床を支える構造用合板です。

24mmの厚さがあり、土台にしっかり固定されているので、

床が1枚の板のようになり、地震などの際、変形しにくくなります。

合板を留める釘のピッチ(間隔)も決まりがあります。

柱の足元の黒いテープは、床下から空気が抜けてこないようにする「気密テープ」です。

この上に、床の仕上げ材「もみ」を貼っていきます。

外装工事です。

シルバーに見えるのが、透湿防水シートの「タイベックッシルバー」です。

壁の中の湿気は逃がし、外部からの雨水は入れないようにします。

その上に防腐処理された胴縁で下地を作り、金物で外壁を固定します。

外壁とシートの間に空気層ができる「通気工法」で湿気を溜めません。

換気扇廻りの防水もしっかり行います。

構造のチェックが終われば、断熱工事です。

屋根の下で、17cm

壁に、8cmの厚みで吹付けます。

トラックに液状の原材料を積んできて、吹付けます。

液状から膨らんでいくので、細かいすき間までしっかり入り込んでいきます。

柱や梁にしっかり接着するので、気密性が高く、後で外れたりする心配もありません。

これで、夏涼しく、冬暖かい家になります。

足場が外れました!

シートに覆われていた外観が姿を現しました。

足場が必要な工事が終わり、足場を外す前に外部検査を行いました。

屋根、外壁、サッシ廻りの防水

換気扇やエアコンキャップなどの貫通部分の防水など

チェックしてから、足場が外されます。

現場では、各工程ごとに施工状況をチェックしています。

それに加え、住宅瑕疵保険に加入するための、検査機関の検査も受けています。

構造、金物、防水など、図面通りにできているか、不具合はないかを確認しています。

また、イノスグループ独自の検査もあり、住友林業イノスグループの検査員がチェックします。

写真は、柱に傾きがないかチェックしている様子です。

このチェックでは、構造的なことだけではなく、

現場が安全に保たれてるか。現場がきれいに保たれているか。現場近隣に配慮ができているか。

などいい現場づくりも学んでいます。

構造材の接合部には、いろいろな構造金物が使われています。

柱と梁などを固定する「スリムヘビー」「かすがい」

梁と梁が抜けないように引っ張る「羽子板ボルト」

梁と梁をつなぐ「ホーマープレート(短冊金物)」

梁を支える「梁受金物」

など、構造計算によって、金物の配置も決まります。

これも、図面どおりできているかチェックをしていきます。

明日は、構造現場見学会です。

建築中の建物の中身が見られます。

地震に対する対策は?

断熱性能は?

家ってどうやってできてるの?

ハウスメーカーとどこが違うの?

展示場や、モデルハウス、完成見学会では見ることのできない「家の本質」を見てください。

地震や台風による力に耐えるための「耐力壁」

「筋かい」が構造計算により、バランスよく配置されています。

筋かいの上下は、「筋かいボックス」でしっかりと固定します。

それに加えて、「制震ダンパー」で繰り返しの地震の揺れに耐えることができます。

内部の「特殊粘弾性ゴム」が伸び縮みして、地震エネルギーを熱エネルギーに変換して、揺れを吸収します。