工務店・メーカーとの違い

地元工務店の強みとハウスメーカーの強みを併せ持つ

住友林業が全国展開する「イノスの家」。市場建築では2002年にイノスグループに加盟。現在長崎県内では3つの加盟店がありますが、私たちは主に南は長崎市から北は佐世保市までのエリアを中心に住まいづくりを行っています。

この2つのブランドによって、私たちの強みである地元のライフスタイルや気候・風土に合わせた住まいづくりに加え、最新の技術やデザインを導入する住まいづくりが実現しています。

工務店とハウスメーカー、住まいづくりの違いとは...

工務店とハウスメーカーの住まいづくりで実は最も違うのは、住まいづくりに対する企業姿勢です。

工務店にとって、家とは一棟一棟、お客様と二人三脚で創り上げていくものです。一方、ハウスメーカーの住まいづくりはお客様に選んでいただき組み立てるものと言えばいいでしょう。
じっくり住まいづくりを行いたい方は工務店が、手間を省き大手ならではの安心感や保証を求める方はハウスメーカーが向いていると言えます。

またデザイン面や最新の技術の導入などではハウスメーカーが優れていることがあります。やはり都会のデザイナーが設計した住まいは、最新のトレンドを取り入れて上手にデザインされています。また最新の技術や建築資材も一括仕入れなどで安く提供でき、他社との差別化などのためからいち早く取り入れられることも多いようです。

で、結局、市場建築はどうなの?

それで私たち、市場建築なのですが地域に密着した工務店ならではの良さと、全国展開するハウスメーカーのデザインや最新の技術を取り入れた会社です。
お客様の希望に添った自由設計や信頼おける職人による手仕事、そして規格にとらわれないこだわりを発揮しつつ、イノスグループのスケールメリットを活かした仕入れのコストダウン、流行のデザイン、新技術・新素材の導入ができます。

そして今日もお客様の新しい歴史のスタートをお手伝いするため、一軒一軒、お客様以上に納得いくまで心を込めて家を建てています。

工務店の強みとハウスメーカーの強みが合体!

市場建築 INOS / インスグループ
地域の気候・風土にあわせた住まいづくり 最新の技術やデザイン