施工店選びのポイント

「借りられる金額」よりも「返せる金額」が大事です

リフォームは一から作る新築よりも簡単なんじゃないかと考えるのは間違いです。それは、設計者が構造から施工法からすべてを管理している新築に比べて、リフォームは「蓋を開けてみないと分からない」からです。

壊れた設備を取り替えるといった簡単な工事や「言われたことだけやる」リフォームならともかく、間取りの変更や増築・減築などの場合、そのリフォームは住まいの不満を解消するものでなければ意味がありませんよね。

そのためにはリフォーム後の住み心地や使い勝手まで提案できる「リフォームのプロ」を選ばないと失敗するのです。

 

 

 

 

また、細かいことを言えば、

・後にリフォームしたい部分ができ、せっかく新しくした場所を壊さなければならなくなったり…
・見た目や目新しさだけで設備を選んだために、使い勝手に不満を覚えたり…

ということが起こってしまいます。

新築の住まいは、ある程度自由につくることができます。しかし「蓋を開けてみないとわからない」という言葉もあるリフォームは、既存の建物という制約の中で、どれだけお客様の希望通りのリフォームをできるか、経験とノウハウが必要とされるのです。

 

「借りられる金額」よりも「返せる金額」が大事です
まずは家を建てる時に必要となる金額を知っておく