リノベーション

「坪単価」「工事面積」…広告に見る費用のトリック

「家を建てたいけれど、予算的に厳しい…」
「希望する場所に、なかなか土地がない…」
「中古物件を思い通りの家にリフォームしたい」

そんな方が注目する新しい住まい購入の選択、それがリノベーションです。
これまでの中古住宅を購入するイメージは、傷みやすい水廻りや汚れが目立つ内装を化粧直し程度にリフォームするというものでした。しかし最近は中古住宅を構造だけをのこしてリフォームする、いわゆるリノベーションによって新築同様の住まいを経済的に購入する方法として注目を集めています。そう、某テレビ番組で見るアレですね。

リノベーションと言っても、必ずしも家を構造だけにして作り直す必要はありません。大切なのは、予算の範囲内でその中古住宅をどこまであなたの希望するライフスタイルに近づけるのかということです。

 

同じ家でも坪単価を安く見せる方法があります
設備の入替や改修など簡単な工事で終わるものがリフォーム、そうでない大規模な工事がリノベーションと思っていませんか。実はリフォームとリノベーションの違いは工事の大小ではなく、住まいやライフスタイルに対する考え方の違いです。リフォームは設備の入替や改修のほか増築や減築も含まれますが、それはあくまでも現在の生活を維持するために古くなったものを新しくしたり、追加・変更するものです。
それに対してリノベーションはあなたのライフスタイルをベースとして、心地よい空間づくりを行ったり、生活動線や間取りを変更することで生活の質を上げてためのもので、言い換えると建物の「再生」と言えます。
その結果として、ある程度大規模な工事になってしまうというだけなのです。

 

「借りられる金額」よりも「返せる金額」が大事です
まずは家を建てる時に必要となる金額を知っておく
「坪単価」「工事面積」…広告に見る費用のトリック