2017年3月27日

長期優良住宅について

長期優良住宅とは、今までの日本の家は30年くらいで老朽化したり、

生活の変化に対応できなかったりでこれまでの家を解体して新しく家を建てるというのが一般的でした。

こうした使い捨てのような住宅ではなく、「長期にわたり良好な状態で使い続ける」という考えに基づいて、

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が8年前に施工されました。

長期優良住宅の認定を受けるためには様々な基準が設けられています。

①劣化対策 ②耐震性  ③省エネルギー性 ④維持管理・更新の容易性

認定を受けると次のようなメリットがあります。
・税の特例措置
・住宅ローンの供給支援

長期優良住宅について ← クリックするとPDFにてチラシを見ることができます。

(長崎県土木部住宅課 まちづくり班のホームページより引用)