Archives:

2018年11月7日

TRCダンパーについて

現在当社では、地震対策として構造計算による「耐震」+「制振ダンパー」を採用しています。

最近、免振ゴムの性能偽装などが話題になっています。

まず、免震とは、簡単に言うと、地面と建物の間にゴムをはさんで、浮かせた状態にして

地面の揺れが建物に伝わりにくくする構造です。

制震とは、地震の揺れをダンパーなどで吸収して、揺れのダメージを減らす構造です。

当社で使用している「TRCダンパー」の品質に対して報告がありましたので、公開します。

 

新築だより
2018年11月6日

屋根・太陽光工事 西彼町K様邸

最近は、屋根材にガルバリウム鋼板を使用することが多くなりました。

個人的に、屋根を薄く、低く抑えたデザインが好きなので、

瓦などに比べて、勾配を緩くすることができるガルバリウム鋼板を選んでしまいます。

構造的にも、屋根が軽くなることで、支える柱、梁にかかる力が小さくなるので、

これらの部材が大きくならなくてすみます。

(太陽光パネルを載せる重みは計算に入れています)

頭が軽い方が、地震の揺れの影響も受けにくくなります。

そんなメリットもある、ガルバリウム鋼板です。

新築だより
2018年11月4日

建替え工事 長崎市大浜町K様邸

長崎市大浜町で、建替え工事が始まります。

長年住んだお住まいを解体して建替えます。

老朽化と、現在の住まい方に合った住まいにするための建替えです。

高齢のお母様にも使いやすようにと思い、プランしました。

快適に暮らせる住まいになるよう、創っていきたいと思います。

新築だより
2018年11月3日

省令準耐火構造 西彼町K様邸

木造でも、火災に強い省令準耐火構造です。

もし火災が発生した場合、となりからの火をもらわない。

室内で火災が発生した場合でも、他の部屋に燃え広がらないことで人命を守ります。

そのために、1階の天井は、12.5mmの強化石膏ボードを貼り、

部屋と部屋の間の壁は、天井裏の梁まで貼り上げます。

外壁面の室内側も石膏ボードを天井裏まで、しっかり貼っていきます。

新築だより
2018年10月29日

外装工事 西彼町K様邸

サッシや、防湿シートでしっかり防水したあとに、外壁を貼っていきます。

16mmの厚さのサイディングを使っています。

金物で固定することで、建物と外壁の間に空気層をつくり、湿気を溜めないようにします。

表面に釘なども出ないので、見た目も良く、地震などの揺れにも対応できるようになっています。

2018年10月26日

エクステリア工事 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、新築させていただいたお住まいの、エクステリア工事を行いました。

新築当初は、直線的な導線で、もう少しゆるやかにつなぎたいということと、

増えてきた植栽のお手入れもたいへんになってきたということで、思い切ってイメージチェンジしました。

アプローチを実際の動きに合わせてカーブさせ、ポーチまで緩やかなスロープで上がっていくようにしました。

防草シートを敷き込み、砕石で仕上げることで、お手入れも簡単になります。

植えてあったオリーブの木は、一部カットしたり、鉢植えにしたりして残しました。